レーシックイメージ

レーシック手術後は目が疲れる

レーシックは目の眼球にある薄い角膜という膜にメスを入れて目の見え方を矯正するという方法で、従来は直接カッターのようなもので眼球に切り込みを入れましたが、最近ではもっと安全で確実なレーザー治療を行えるようになりました。
こうした安全も確保されて術者の身体の負担も精神的な負担も減り、気軽に行えるようになったレーシックは大学生や主婦には特に人気が高くなっています。
こうした矯正手術の後には患部がかなり疲労するのは良くあることで、視力矯正の後は目が疲れることが多くなると思っていた方が良いでしょう。
特に、視力の回復が著しかった人ではその視力の差に脳がついていくのに慣れが必要なので時間をかけてその不慣れを直していかなければいけません。
レーシック手術を受けた私も手術後はしばらく目の疲れがひどかったです。
視力の不慣れや眼鏡のずれを戻すクセ等がしばらくは残っており、視力がしっかりと身体に定着するまではモノとの距離感をつかむのも少し大変でした。
疲労が貯まっても少し長い間目をつむったり、パソコンを見るのをやめたり見る場所を変えるようにして目をしっかりと休めることでその疲れるという症状は相当楽になっていきました。
私が目に慣れ始めたのは1週間ほど経過した頃で、慣れ始めてからは少しずつ目を長く使用する事もできるようになりました。
その分、もう視力を落としたくなかったので目を休めるということも忘れずに行い、確実に視力を矯正していきました。
目が疲れるというのは結構大変な事で、私の友人の中でもレーシックを行ったものがかなり長い時間目が疲れるという症状に悩まされていました。
私も1カ月ほどは何かしらの疲労にさいなまれていましたが、しっかりと克服できて今では一日中目を酷使しても平気になりました。
その代り、夜はしっかりと星を見たり、目を温めて休めたり、目の周囲のツボを押して休める等の工夫をすることで疲れても早く回復できるようにし、次の日には疲れを残さないように工夫しています。
これらの方法もある程度目の手術が終わってから時間がたってから出ないといけませんが、2カ月ほど経って痛みがなくなっていれば問題ないでしょう。
めがねが無くなって最も嬉しいのは着替えや寝るとき、お風呂に入るとき等に眼鏡の心配をしなくて良くなったことです。
生活において何かと余計な作業があった所がなくなって素早く行動できるようになったのは非常に助かっています。
お風呂などではあまり長く入ったり目を湯船につけたりはできませんし、サウナでもあまり負担はかけられませんが、それでも眼鏡よりは安心して温泉もお風呂も楽しめるようになっているので個人的には十分満足しています。
こういった大きく身にしみて分かる変化があるとレーシックも行った甲斐があったと思えます。
今ではほとんどありませんがごくまれに疲れる症状が出るので定期的に手術を行ったクリニックへ行ってその経過報告http://lasik.kanagawa.jp/suunennkeika.htmlと検査を兼ねて行こうと思っています。
常に使用しているデリケートな場所なので油断せずにしっかりと自己管理しながら生活していければと考えています。
生活で少し制約もありますが、普通に生活するのに困ることは全くありません。

↓レーシック人気クリニックランキング

SITE MENU

Copyright(C) 2010 目の回復手術.com All Rights Reserved.