レーシックイメージ

レーシックで疲れ目が治ります

1年ほど前にレーシック手術を受け、近視と片方の乱視の目の矯正を行いましたが、その効果は視力の回復だけではなく、疲れ目と肩こりの解消というところにも広がることとなりました。
実は手術前は、いわゆる不同視と呼ばれる状態で、左の目が右に比べて著しく視力が劣る状況となっていました。
さらに片目だけ乱視の状態も進んでしまい、メガネをかけていても日常的に疲れ目が解消できませんでした。
特に長時間パソコンを利用したりしますと、疲れが酷く、目にマスクをして温感湿布をしたり、様々なことをしましたが、ほとんど気休めで解消することがありませんでした。
さらにこうした疲れ目状態が進行すると、肩や首が凝ってしまったりという状況に陥り、整体にかよったり針を打ってもらったりしていたのですが、一向に回復する様子もないままに数年が過ぎていました。
したがって、こうした状況も打開することができないかと思い、レーシックの治療を受けてみることに興味をもったのです。
事前段階でいろいろと検査をしていただき、まず不同視は間違いなく治るという検査結果をいただきました。
また、精密な検査機器を利用していけば、乱視も完全に矯正できるという話をいただきましたので、最終的にこの手術を受けることを決意したのです。
この厳密な手術前検査は一般的な検査とは別に1時間以上かけて行われることとなり、すべてのデータはコンピュータに取り込まれて解析され、どの部位にレーザーメスを入れることが最適かを分析し結果を求めることとなりました。
実際の手術はこのデータに基づき行われ、実に両目で15分程度で終了することとなりました。
このうちレーザーが動いていたのは本当に数十秒程度で、手術といってもコンピュータが行っているような印象をうけたものです。
手術後、麻酔がとててくると両目ともに沁みて目を開けていられないほどになり、涙が溢れましたが、リラックスルームと呼ばれる術後の待機室でほぼ1時間ちょっとぐらい回復を待ち、問診をうけてその日は帰宅することとなりました。
その翌日から急激に視力が回復することとなり、今度は目が良く見えることからくるからだの変調で、頭痛や肩こりなどが2〜3日継続することとなり、大変心配しましたが、角膜が安定化するにつれてこうした症状もすっかり消えるようになり、クリアな視界を回復することができるようになったのです。
このころには体も視力の回復を受け入れるようになり、体調も徐々に普通の状態にもどり、きがつくと頭痛も肩こりもなくなっていました。
その後は、かなり気をつけて目をいたわりながら生活していますが、術後1年を経た現在では、視力が悪かったときの目の疲れがうそのように無くなり、目から来ると思われていた肩こりなどもまったくなくなりました。
やはり視力が体に大きな負担を与えていたということが良くわかった次第です。
とにかく視力がこれだけ体に影響を及ぼしていたのかと思うほど、体調が回復し、気分的にも非常にすっきりとした生活を送ることができるようになっています。
やはりレーシックの手術を受けて本当によかったと今でも思っています。
近視などからくる疲れ目に苦しんでいる方は、いちどレーシックを本格的に検討してみることをお奨めします。
また、こちらの高齢者によるレーシックについても参考にご覧ください。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 目の回復手術.com All Rights Reserved.