レーシックイメージ

レーシックのための病院選びのポイントについて

1年ほど前にレーシックの手術を受けてみようと決心した時に、どのように病院を選べばいいか迷ったのですが、この領域の治療に詳しい方から三つのポイントで選ぶようにとのアドバイスを受けました。
まず一つ目のポイントとしては、専門資格や手術実績のある先生がいる病院かどうかを確認することです。
視力の矯正手術は、非常に繊細な技術を要するものですから、高度な知見と技術の両面を持ち合わせた専門医がいる病院であることが、まずは第一条件となるということでした。
各クリニックでは視力矯正手術のトレーニングを受けた執刀医の数を公表していますので、これをチェックすることがはじめの一歩ということになります。
そして二つ目のポイントとしては、手術を受けようとする病院の症例数を把握するということです。
レーシックという視力矯正手術については、どの程度の経験と実績を積んだ病院なのかを認識することが非常に重要です。
公表されている最新の症例数を見れば、その病院と所属医師の経験値や頻度といったものが掌握できるのです。
通常症例数というのは、二つの単位で示されているといいます。
一つは、類型何眼といったように1眼単位で公表している医院と1回の手術を1件として件数で公表している医院があるのです。
当然眼の数でカウントしていれば手術数の倍近くの症例を扱ったことになります。
日本で年間実施されているレーシック手術の症例数は件数ベースでほぼ3万5000件ということですので、それから考えてみるとどの位を扱っているのかは理解できると思います、三つ目のポイントとしては、諸費用の合計金額についてです。
一般的に総費用には、カウンセリング費、適応検査代、手術費、定期検診料、薬代などが含まれますが、最近ではカウンセリングと適応検査は無料にしているクリニックが非常に増えています。
できることなら複数の医院の金額を比較できると間違いがないと思います。
以上が基本的な三つの選択ポイントということになりますが、私が実際先生にお目にかかって検査を受けた印象からいいますと、やはり滅多に受けない特別な手術ですから、不明なこと、不安なことについて丁寧に説明してくれて、患者の不安を解消してくれることに努力してくれる先生がもっとも信頼できる先生だと思いました。
紋切り型で話をしたり、面倒くさそうにするような先生は、力はあるのかも知れませんが、ちょっとお世話になる気がしなかったというのが正直な気分でした。
実際手術後、様々な症状がでて、視力が回復したのを喜んだ半面非常に不安になった部分もあったのが事実でしたが、こうしたときにも担当医師の先生は大変丁寧に接してくれましたし、細かな説明をしていただけたので、不安を払拭することができたと思っています。
こうした丁寧な対応は私にとってはとても安心できる材料になりましたし、闇雲の悩むこともなく一定期間を過ごすことができたと思っています。
担当してくれる先生との信頼関係が築けるかどうかというのは、とても重要なことだと思いますし、特にこのとりかえしのつかない眼の視力回復のための手術には非常にこうしたことが重要だと思います。
私自身はこんな病院選びで満足する結果を得ることができました。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 目の回復手術.com All Rights Reserved.