レーシックイメージ

不正乱視を改善できるレーシックの手術

近年話題になっている視力矯正の手術にレーシックがあります。
私もこの手術の存在は知っていましたが、眼が悪いといっても症状は様々で、私には適していないものだと考えていました。
一般的に、この手術は近視だけを対象にしていると思われがちでが、この手術は様々な眼の症状に適応できます。
話題になっている症例が近視の改善が圧倒的に多いため、遠視や乱視などの症例があまり知られていないのが現状です。
この手術により一般的な症状だけでなく、強度の近視や遠視に加え、不正乱視の症状までも手術の対象範囲で、改善が可能なのです。
このような症状に加え、医療機器と技術の進歩と共に老眼の症状も改善する事が出来るようになっており、この視力矯正の手術の範囲が非常に広くなっています。
その為、私は小さな頃から悩まされていた不正乱視の症状を改善する為に、この手術を受ける事を決意しました。
ここでは不正乱視を改善できるレーシックの手術についてお話致します。
先ず最初に、一般的な乱視とは、眼に入ってきた光が角膜の歪みによって焦点が合わず、モノがぶれて見えてしまう状態です。
私が小さな頃から悩まされていた症状は不正乱視で、角膜の屈折が不規則なため、通常のメガネレンズやコンタクトでの矯正が不可能な症状です。
これは角膜の表面が乱れているために、正常にものが見えない状態です。
私の症状は角膜の形に異常があるために、常に視界が歪んで見えてしまいます。
私の場合は幼い頃の外傷が原因でこのような症状を発症するようになり、治療が困難な状態が続いていました。
しかしながら、不正乱視はレーシックで治療できる可能性があると聞いて、私はこの手術を受ける事を決めました。
最近まではこの乱視の症状は治療できなかったのですが、新たな医療機器の開発により、角膜の表面や水晶体の歪みをより正確に計測する事ができるようになり、私のような乱視の症状も手術ができるようになりました。
この手術ができるかどうかは、症状の度合いにより異なりますので、事前の適用検査が重要になります。
私の場合はこの検査を無事にパスする事が出来た為に、手術を受けることが出来ました。
次に、私が心配していたものにドライアイがあります。
ドライアイは角膜が乾燥してしまうもので、涙の分泌量が少なくなり、目が乾燥してしまいます。
私はこの症状にも悩まされていた為に、これが原因で手術が受けられないのではないかと考えていました。
ドライアイになると、眼の痛みや疲れ眼、結膜炎などのリスクが高まってしまいます。
正常な角膜は膜を張り、乾燥の防止や洗浄などの役割を果たしています。
私の場合は、ドライアイの原因が仕事でのパソコン使用による眼の酷使で、冷房による空気の乾燥により症状が悪化していました。
その為、定期的に目を休めたり、目薬をさすなど、ドライアイの予防を心がけていました。
この手術を受ける前にクリニックのドクターから、ドライアイ用の目薬や、手術後の感染症予防の目薬などを処方してもらえば、このレーシックの手術は受ける事が可能です。
ドクターの指示に従いアフターケアを行なえば、私のようなドライアイの方でもレーシックを受ける事が出来ます。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 目の回復手術.com All Rights Reserved.