レーシックイメージ

レーシック手術の平均価格について

レーシック手術費用は、自由診療となるため、手術費用はかなり医院によって異なるのが実情です。
私の場合には、事前に色々調べてから眼科の医院を選んだのですが、私の場合は、結局総額で50万円ほどかかりました。
下は両目で20万ぐらいからできるところもありますが、80万ほどかかるところもあるといった具合で、正直いってどれだけ違いがあるのかということはよくわかりません。
しかしひとつ判ったのは、手術費用だけでなく検査費用なども結構異なることです。
最近の最新レーシック技術では、ウェーブフロントアナライザー・ウエーブスキャンという方法があります。
これは、光の持つ性質である光源から光がすべての方向に波のように広がっていく光の面、すなわちウェーブフロントを利用したものなのです。
光を瞳孔から網膜に当てて反射してくる光の面、の歪みを受光センサーで測定して、近視や乱視、遠視などの屈折異常とその人特有の、眼鏡やコンタクトでは矯正できないレベルの細かな凹凸を精密に測定するものです。
これを使うと、眼球表面のごく僅かな凹凸を測定できますからこの測定デー手をもとにして高性能のコンピュータを用いて不正乱視を高次収差として数値的に換算し、エキシマレーザー照射データに反映させるのです。
こうして行うレーザー照射で不正乱視なども細かく矯正することが可能になるというわけです。
この手法ならば医師の勘だけで行うような作業とはまったく異なり、かなり精度の高い手術を行えますので、結果としての回復レベルも格段に高まることになるのです。
私の場合はこれを行ってもらうことで近視だけでなく、乱視が完全に治りました。
この技術料がだいたい10万円程度加算されるようなので、最新治療を受けようと思うと、やはり総計で50万円程度はかかるのかなというのが率直な印象です。
しかしこうした最新の精密技術を利用して目を検査してもらい、そのデータに基づいてレーザーによる手術を厳密に行ってもらえるのは、お金には代えがたいような魅力があると思っています。
とくにデータがそのままレーザーの治療に反映するという話を細かく聞いたときには、ぜったいこの技術を利用して手術をしたいと思いました。
実際にこの技術を使って手術を行っていただいた効果は覿面で、かなりこまかくレーザー処置ができるために、非常に回復レベルが高まったという印象があります。
医師の技術を信用しないというわけではないですが、こうしたテクノロジーベースの確実なソリューションを利用してレーシック手術をしてもらえる病院は非常に信頼できると思いました。
とても成功して喜んでいる人がいる反面、手術がうまく行かずにその後も悩んでいる人の話などを聞くにつけ、どれだけの技術を利用して手術してくれる病院なのかを確実にチェックする必要があると思った次第です。
したがって私の場合には50万という費用は平均価格より弱冠高めだったかもしれませんが、その中身と結果については非常に納得がいっている状況ですし、人にも薦めたいと思う内容でした。
要はこうした価格は平均より高いか安いかではなく、その中身が価格に足る内容かどうかだと思います。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 目の回復手術.com All Rights Reserved.