レーシックイメージ

レーシックの手術後の弊害を防ぐ為のポイント

私はコンピューターのプログラミングに関わる仕事をしている為、コンピューターを使用する時間が長く、この仕事の原因による視力の低下に悩まされていました。
視力が低下してからは眼精疲労が蓄積される事も多く、日々仕事でストレスも溜まりがちで、この視力の低下を改善させる効果的な方法を探していました。
この時友人から聞いたレーシックによる視力矯正は大変魅力的なもので、友人の話を聞くうちにこの手術についてもっと知りたくなり、多くの情報を収集しました。
私のリサーチでは、この手術には多くの術式があり、視力の状態や術後の希望に応じ最適なものを選ぶ事ができるというものでした。
そして、この視力矯正の手術は手術時間が極めて短く、手術後のアフターケアをしっかりと行なえば危険性の低いもので、安全に視力を回復する事が出来る手術です。
その為、私はこの手術での視力矯正を決意しました。
しかしながら、この手術を受ける前には、手術に伴う弊害について把握しておく事が大切になります。
予め術後に発症する可能性のある弊害を認識しておく事は手術を受ける上で重要なポイントで、事前にこのようなリスクを回避する術を身につけておく事が不可欠なのです。
ここではレーシックの手術後の弊害を防ぐポイントについてお話致します。
先ず最初に、レーシックの手術を受けた後に適切なケアを怠ることで、再度近視が進むことがあります。
私はこのような術後の弊害を防ぐ為に、予めアフターケアについての知識を身に付けました。
この術後に視力が低下してしまう原因は、長時間の作業により目を酷使することです。
これは術後に目が完治していない常態で近くを見続けると、目の筋肉の働きで水晶体が厚くなります。
そして、長時間近くを見続ける事で、目がその環境に慣れてくるために、視力の機能に変化を伴い近視が進んでしまうのです。
その為、この手術を受けた後には、パソコンや読書、勉強などで目を酷使して近くを見る作業が一定時間以上続く場合は、遠視用のメガネをかけることが必要になります。
手術後に、私はこの遠視用のメガネをかけていたおかげで、視力の低下を防ぐことができました。
そして、私が手術を受けたクリニックでは、レーシックの手術の後に遠視用のメガネの着用を推薦しており、私は仕事柄パソコンを操作することが多く、趣味で読書をすることも多いために、術後に近くを見るときは遠視用のメガネをいつもかけるようにしていました。
このような術後のアフターケアでメガネをかける事は、面倒な部分もありますが、手術を受ける前は、毎朝コンタクトレンズをつけたり、コンタクトレンズを消毒液につけて洗浄する作業を行なっていた為に、これらの作業に比べればめがねを着用する事は面倒ではありません。
又、レーシックの手術をしたのに近視が進行して視力が低下してしまう事を考えれば、このようなアフターケアにかかる手間は苦ではありません。
この手術を受け視力矯正を行う際には、手術前にこれらのアフターケアのポイントを把握して術後の弊害を防ぐ事が大切です。
手術後に視力が再度下がらないようにするためには、日常生活の中での配慮が重要なポイントになります。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 目の回復手術.com All Rights Reserved.