レーシックイメージ

レーシックで疲れ目からくる眠気がなくなった

もともと視力がとてもよく、眼鏡をかけている同級生をよくからかっていた小学生時代でした。
中学にあがるとその当時流行っていたテレビゲームを親がかってくれて、それを機にゲームに熱中するようになりました。
そこからです、自分の目がどんどんわるくなっていったのは。
たぶんテレビゲームが悪いわけではないとおもうのですが、なぜか急激に視力がわるくなっていきました。
そうです、からかいまくっていた同級生と同じように眼鏡くんになってしまいました。
正直同級生をからかいたおしていたので眼鏡がいやでいやで仕方なかったです。
ですがかけないと何も見えないから仕方ないですよね。
そんなこんなで眼鏡生活が中学2年生からスタートしました。
そこそこ眼鏡姿も評判がよかったのでモテを意識する中学2年生としてはそれほど悪くなかったですが、眼鏡がいやだなっていう気持ちはかわらず授業中以外はよく外していました。
眼鏡をかけていると目がものすごく疲れるんです。
そんなこんなで疲れ目と戦いながら気付けば大学生になっていました。
もう大学生になると眼鏡いやだなっていう気持ちはなくなっていたんですが、大学に入ってからできた可愛い彼女が眼鏡ないほうがかっこいいんじゃない、っていってきたんですよね。
ふーんそうかなーって聞き流していたんですが、大学の後輩がレーシックを受けた、とある日自慢気に話してきたんです。
恥ずかしながらレーシックとか全然知らなかったので、なにそれ、カーレースかなにか、みたいなことをいっていたんですが、内容をきいてびっくり仰天しました。
レーシックはレーザー治療でしかも短時間で視力が回復するっていうじゃないですか。
目の表面の角膜に特殊なレーザーをあてて角膜の曲率をかえて視力を矯正する、なんてきいただけでちょっとびびってしまいましたが、実際にうけた後輩いわくはじめは怖かったですが実際うけてみると大した事ない、逆にもっと早くうけておけばよかったと思うくらい今は快適だ、というのです。
後輩も自分と同じく長年眼鏡君だったので、眼鏡の疲労感や眼精疲労からくる眠気、裸眼でみえない不便さをしっていたので非常に説得力がありました。
費用やかかった病院などを詳細に後輩から聞き出して、自分でも驚くほどの行動力でレーシック手術をうけました。
費用は大学生にとっては非常に勇気のいるものでしたが、がんばりました。
後輩のはなしを聞く分にだす価値があるととても思ったのです。
実際に手術をうけてみての感想ですが確かに後輩のいう通りでした。
手術をうけてしばらくしたあとの視界のクリアさには本当に驚きました。
これだ、小学生まで自分がみえていた世界がここにある、とちょっとノスタルジックにさえなりました。
もちろんものすごくよく見えるようになったので眼鏡なんていりません。
眼鏡がないほうがいいといっていた彼女もご満悦です。
講義中に目が疲れたなーっ眠いなーっとよく目をこすっていたんですが、それもなくなりました。
視力がいいというだけで集中力が非常にあがった気がするのだからすごいです。
本当に、後輩の言葉ではないですが、とっとと受けておけばよかったです。
視界がクリアであるだけでモチベーションもあがってきたので良い事ばかりです。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 目の回復手術.com All Rights Reserved.