レーシックイメージ

レーシックの無料検査について

レーシックについては、手術を受けるべきかやめるべきか悩まれている方も多いと思います。
私も1年前まではその一人でしたが、この手術は受けてうまく治療ができるかどうかについて、事前の検査でかなりはっきりとしたことがわかるのが特徴です。
実際に受ける受けないは別にしても、殆どのクリニックでは適応検査と呼ばれるものを無料検査として実施してくれますので、まずはこの検査を無料で受けてみることをお奨めしたいと思います。
この適応検査では、角膜の形や厚さ、細胞の数、眼圧、視力、見え方について細かく最新の機械で測定していきます。
またこうした測定結果に基づいてカウンセリングも行われます。
無料の検査といいますが、実に3時間以上の時間をかけてチェックが行われますので、この結果をもとにすれば、レーシックの手術を受けて視力が改善するかどうかがかなり厳密にわかることになります。
さらに、この検査を利用すれば、手術の可否とともに、どの種類のレーザーを利用した治療が最も適しているかまでわかりますし、最終的にどのぐらいの視力まで回復するかまで事前に知ることができるのです。
正直、この検査を行ってそこまでわかるということはびっくりしましたが、実際に手術を行ってみると、ほとんどこの事前の予知と同じ結果となりました。
そのぐらい検査の結果は確実なものだと言うことができます。
手術をするかどうかは、その場で結論を出してもいいですし、一旦持ち帰ってから考えて結論を出すことももちろんできます。
個人的な印象でいえば、まずこの検査を受けて、視力回復の可能性がどのぐらいあるのかがはっきりしてくると、実施するかどうか、かなり明確に決断できるようになると思います。
私の場合には、角膜が十分な厚みを持っていることで基本的には、手術可能の判定がでましたが、一方で乱視も進んでいるため、最新の技術を利用してコンピュータ制御でレーザーを動かしていく手術法を利用すれば、かなり高い確率で乱視も完全に治るという検査結果をもらいました。
実際にその手術をしたらどのぐらいの金額になるかという見積もりも同時にでてくることになりますので、まずはそれを持ち帰って検討し、後日正式に手術をすることを決定しました。
手術は患者さんの予約次第ですが、早ければ1週間後ぐらいから実施できるようですが、実体験から言いますと手術の翌日と翌々日ぐらいまでは、ゆっくり休むことができるタイミングに行うのがお奨めです。
確かに翌日には視力が飛躍的に回復しますが、合併症や体調の変化などで頭痛や肩こりといったこれまでにない症状もでてくることがありますので、いきなり働くのはとにかく避けたほうがいいと思います。
レーシック手術の不安や不明な点はこうした検査にともなう医師のカウンセリングの時に細かく質問しますと、かなりよく理解することができます。
またリスクについてもドクターは細かく説明してくれますので、この話でとにかく納得できるようならば、いよいよ手術を考えるということになります。
私の個人的な印象でいいますと、かなりコンピュータを利用したシステマチックな医療が実現するようになっているので、医師個々人の技量もありますが、その手術レベルが高いところで平準化している感じがした次第です。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 目の回復手術.com All Rights Reserved.