レーシックイメージ

レーシックで視力が戻るケース

レーシック治療は近年になり日本に導入された視力矯正治療方法です。
今までの資料矯正方法が、メガネの装着、コンタクトレンズの装用のように角膜の外側に医療用器具をつけて矯正していたのに対して、角膜の内側のレンズ面をを削ることで、レンズ面の屈折角を変えて、視力を矯正していたのです。
メガネをかけるのはすぐに出来ますので、子供が行うには最適な視力矯正方法です。
しかし、スポーツをしていたりすると、メガネのフレームを境にして、フレーム内は見えて、フレーム外はぼやけてしまうなどがありましたし、接触することで破損したり、壊れたりするケースがありました。
コンタクトレンズは角膜の黒目の部分をレンズが全て覆っているので視野内でぼやけた映像と正しい映像があることはありません。
しかし、角膜につけているだけですのでずれることはありますし、落下することもあります。
また、連続装用ができないのです。
そして、コンタクトレンズを外した時には洗浄液に入れて、衛生的に保管しないといけません。
このようにメガネ、コンタクトレンズでの矯正はいろいろと面倒があるのです。
それに比べて、この治療では裸眼での生活になりますので、めがね、コンタクトのような煩わしさはありません。
目薬を定期的にしないといけないというポイントはありますし、定期的な検査が必要になります。
この治療ではまれにですが、視力が元の近視のレベルにまで戻るケースがあるのです。
レーシックを行う人は増えたのですが、なかなか周囲にはいないので、生の意見を聞けないのです。
レーシック治療は角膜のレンズ面にレーザーを照射することで、レンズ面を薄くするのです。
近視が戻りが発生する原因としては人間の怪我の再生能力による影響とも言われております。
角膜のレンズ面をレーザー光で削ることは角膜に怪我をさせることなのです。
皮膚でも怪我をするとかさぶたが出来て、皮膚は元通りに再生されます。
角膜も同様に再生されて元に戻るために近視の戻りが発生するのです。
ではこの近視の戻りが発生したときは同様な方法で再手術を行ったのでは、近視は再度戻ってしまいます。
他の方法によるレーザー照射を行うことができるのです。
もちろんそのときには、再手術が出来るかどうかは事前に検査をする必要があります。
個人差はありますが、角膜の状態によって薄くなっていて、再手術が出来ないケースもあります。
再手術となりますと、追加費用が発生します。
とある病院ですと、その病院独自の保障制度に加入することで再手術の費用がかからずにすみます。
しかし、その分、初期費用が他の眼科クリニックより高い傾向にはあります。
レーシックの治療は視力の戻りの他にいろいろな合併症を発症するリスクもあります。
レーシック治療の説明を受ける時、適応検査を受ける前において準備期間があります。
合併症、近視の戻りなどにことをしっかり理解して治療を行うことをお勧めします。
また、必要があれば、他の眼科クリニックにて、セカンドオピニオンとしての検査をすることも、この治療を行う上での方法の1つなのです。
裸眼で見える世界、生活はメガネ、コンタクトの人にとっては憧れでもあります。
視力が戻るリスクを少ない治療法、クリニックを選択するのもお勧めです。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 目の回復手術.com All Rights Reserved.