レーシックイメージ

レーシック手術の問題点

レーシック手術の問題点は決して、少なくはありません。
むしろ、山積みといったほうが良いのかもしれません。
安全にレーシック手術を行うためにも、問題点を把握しておきましょう。
レーシックの手術自体、完ぺきにすべての人が終了しているわけではない点があります。
核膜を削る手術であることから、たいへん危険も伴います。
手術に過度な信頼感を居たいている方も多いと思いますが、まだ、 レーシックの手術は完ぺきな治療法ではないことを、理解しておいた方が良いでしょう。
確かな環境で手術を行わないと、リスクが高くなります。
核膜を削るということは大変に危険な作業なのです。
誰しもができる手術とも限らないのです。
事前の適応検査において、角膜の厚さがある程度ない方は、できません。
これは、角膜をレーザー光で、傷をつけ、凹レンズを作り、焦点を屈折させて、視力を矯正する手術ですので、角膜に厚みがないとできないのです。
また、一度の手術で済めば、大丈夫なのですが、2年後3年後に視力が元に戻ってしまう方が、3パーセントに近い確率で、いらっしゃいますので、永久的に視力が維持できる方もいれば、そうでない方もいるのです、その場合、再手術という音になる可能性もあります。
その場合は、角膜の量が、極端に減ってしまうので、気を付ける必要があります。
ほかにもあります、医師の技術がばらばらであることです。
すべてのクリニックに優秀で成功例の高い医師が在籍しているとは、限りません。
ので、ご自分で、いろいろ調べてみて、信頼をできる医師と、クリニックに出会うことが大切です。
クリニック選びは、専門の眼科医がいるかどうか、をしっかり見極めることが大事です。
医師の経験をチェックして、バックグランドが明らかになっているのかを確かめてください。
手術に関して、きちんと説明を、行っているのかも重要になります。
質問にきちんと、対応してくれないクリニックは避けるようにしましょう。
また、検査を厳密に行っているのかも、きちんとっチェックしたほうが、良いでしょう。
全国には、たくさんのクリニックがありどこにしようかと、迷うこともあるでしょう。
本当に向上心と技術、サービス精神をもって運営している病院は少ないものです。
心から、満足のいく手術を選ぶためには、病院選びは大切なポイントになります。
施設にもばらつきがあるということも、問題点です。
最新機器を設置しているクリニックであれば、確実なレーシックを受けることができます。
しかし、ほとんどのクリニックは、そうではありません。
手術後の問題点とては、角膜をレーザーで削って矯正るために、疲れ目になったり、ドライアイになりやすい等の症状が出ることがあります。
手術自体が、近視の小生であるために、逆に老眼の進行が速くなるケースもありますので、術後にも、たくさんあります。
感染症などの危険性もありますので、クリニックは衛生的で、かつきれいなクリニックを選択したほうが良いです。
そして、優秀な医師と実績数が高いクリニックを選択することが大切です。
簡単な手術だからと言って、安易に考えず、きちんとリサーチしてよいクリニックを見つけることが、問題点を少なくします。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 目の回復手術.com All Rights Reserved.