レーシックイメージ

レーシック手術後の夜間視力について

レーシック手術というのは、とても便利なものです。
今までは、目が悪くて見ることができなかったものを、見ることができるのです。
メガネやコンタクトなどを使えば、視力矯正することができるので、見えることが出来るのですが、やはりいろいろと不便な思いをすることになります。
メガネを使う場合には、いつでもつけていることになりすから、邪魔になってしまいます。
そして、暖かいものなどを食べてるときには、レンズが曇ってしまうことだってあります。
他にも、運動をする際には、メガネが邪魔になってしまうことが多いです。
激しい運動をするのであれば、メガネが落ちてしまったりすることが多いです。
そういうときは、運動に集中することができません。
運動をしたいのであれば、メガネはとても邪魔になってしまいます。
コンタクトの場合には、きちいんと手入れをする必要があります。
ですので、それを怠ってしまうことで、目が病気になってしまうことだってあるのです。
他にも、コンタクトの場合は期限があるので、何度も購入する必要があります。
つまり費用がとてもかかってしまうことになるのです。
それをずっと続けるのであれば、コンタクトにかかる費用は膨大になってしまいます。
ですが、レーシックであれば、一度施術を受けるとそれだけでの表で済ませることが出来るのです。
ですので、コンタクトなどと比べると、費用は安く収めることができるのです。
他にも、メガネがなくても目が見えるようになるので、楽です。
目が悪い人というのは、裸眼での生活を望んでいる人が多いです。
私の場合もそうでした。
平日などはコンタクトを使用して、休日にはメガネを使うようにしていたのですが、それですといろいろと不都合を感じることが多かったのです。
普通に生活をするだけでも、いろいろと不便をかんじることがあるのです。
ですので、裸眼で生活することができればいいのに、と思っていました。
そのようなときに、レーシックについて知りました。
一度施術をすると、後は裸眼で生活することが出来るというのは、とても大きな魅力だったのです。
目の手術ということで、とても不安を感じていたのですが、施術が終わってみるとなんてことはありませんでした。
あれだけ不安を感じていたものの、終わってみるとあっという間だったのです。
そして、施術を受ける前に注意されていたのですが、夜間視力が手術をした後には落ちることなどを言われていました。
ですので、そのことについては覚悟していました。
手術後は、やはり言われていた通り、夜視界がぼやっと見えるような感じでした。
ですが、きちんと手術後にも検査などを受けていると、そのうち夜の間の視力についても回復しました。
ですので、今では昼も夜も普通に見ることができます。
今までは、メガネやコンタクトが必需品だった生活をしていましたが、今ではそれが無くても生活することが出来るので、本当に楽です。
ですので、本当にレーシック手術をして良かったと思っています。
これからのことの生活のことを考えると、本当にして良かったです。
コンタクトやメガネをしていたのでは、普段の生活でも制限されることがあったでしょう。
それがないのですから、それだけでも大きなメリットがあります。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 目の回復手術.com All Rights Reserved.